ドーパミンを増やす食べ物と減らす食べ物

ドーパミンの分泌量を調整したい場合、生活習慣を改善することで調節が可能ですが、一方で食事によってもある程度増やしたり減らしたりすることが可能といわれています。食事による対策も生活習慣の改善による対策も、それぞれ単独で行うよりは組み合わせて行った方が効果が高いため、ぜひセットで行うようにしましょう。

 

増やす食べ物

 

主に体への刺激となる成分を含むものです。代表的なところではカフェインを含むコーヒーや、スパイスをふんだんに含むカレーや激辛料理などです。

 

これは食事による刺激そのものがドーパミンを増やすという働きもありますし、交感神経が刺激されることでドーパミンの分泌が促されるという側面もあり、二重・三重にドーパミンに効く対策です。

 

ドーパミンを増やす方法

 

減らす食べ物

 

一方でドーパミンそのものを食事で減らすことは難しいですが、セロトニンを優位にすることでドーパミンの働きを抑制することは可能です。セロトニンはトリプトファンを摂取することで分泌が促進されることがわかっており、逆に不足するとセロトニンも不足します。

 

トリプトファンは肉や種子類に広く含有するため、特に肉を多く食べる人はほとんど不足の心配は無いと思います。しかしダイエット中の女性などは不足することも考えられ、摂取しようにも多く含む食品は高カロリーなものが並ぶため、必要ならばトリプトファンのサプリメントを利用することも考えてみるといいでしょう。

 

ドーパミンを減らす方法

複数の通貨ペア