ドーパミンを増やす薬と減らす薬

ドーパミンの極端な欠乏状態や過剰状態は様々な精神状態の悪化を招き、長期化すれば人格の荒廃に繋がります。

 

日常生活の中でドーパミンの調節が行えればそれに越したことはありませんが、特にドーパミン欠乏状態ですとそのような行動を取ること自体がおっくうに感じられることも少なくありません。そんなときは薬を使ってドーパミンを直接増減させることとなります。

 

ドーパミンを増やす薬

 

ドーパミンを増やすための薬はドーパミン作動薬、もしくはドーパミン受容体刺激薬といわれるもので、主にパーキンソン病の治療に用いられますがうつ病にも適用となります。

 

ドーパミン不足で強いうつ症状が見られる場合は処方の対象となることもあるでしょう。ドーパミン作動薬はドーパミンの量を増やすと同時に、ドーパミン受容体の感受性も高めるため、ドーパミンの働きが二重に高まり即効性があります。

 

ドーパミンを増やす方法

 

ドーパミンを減らす薬

 

一方でドーパミンを減らすための薬はドーパミン拮抗薬と呼ばれるものです。これはドーパミンを直接減らすわけではなく、ドーパミン受容体をこのドーパミン拮抗薬の成分が結合して塞いでしまうため、ドーパミンの効果が発生しなくなります。

 

結果的には、ドーパミンがほとんど働いていない状態となります。いくつか種類はありますが、抗精神病薬などとしてよく用いられます。その代わり、副作用としてパーキンソン症状が発生しうるなど、ドーパミン作動薬とほぼ逆の効果が得られることとなります。

 

ドーパミンを減らす方法

複数の通貨ペア