ドーパミンを減らす方法

ドーパミンは社会生活を円滑にまた効率的に行うために重要な神経伝達物質ですが、過剰なドーパミンは冷静さや理性を失わせる結果にもなります。

 

ドーパミンは他の神経伝達物質とのバランスが重要であり、他の神経伝達物質に比べて過剰になってしまうと社会生活に影響を及ぼすような心理的変調をもたらします。そのため、ドーパミンの分泌が過剰な場合はドーパミンの分泌を抑制するような生活習慣を送る必要があります。それも無理ならば病院で見てもらい、薬を飲むほかありません。

 

交感神経を刺激する

 

ドーパミンを減らすには交感神経を過度に刺激する行為を控えるのが効果的です。具体的には、カフェインやスパイスを多く含む料理、そして特に覚醒を促す栄養ドリンクなどを控える、パソコンやスマートフォンなどの画面の光を浴びる時間を制限する、夜に白熱灯の光を極力浴びないようにする、などなどです。

 

交感神経の刺激を抑えることと副交感神経を優位に保つことはほぼ同じことですので、夜になったら極力スマートフォンなどから離れて、リラックスして入眠を迎えることが基本的な対策となるでしょう。

 

セロトニンを増やすと良い

 

また、ドーパミンと対抗関係にあるセロトニンの分泌量を増やすことでもドーパミンを減らす効果が得られます。セロトニンの分泌量を増やすには何と言っても午前中に日の光を浴びることで、これによりセロトニンの分泌が強く促進されます。これは夜の活動を控えてリラックスするドーパミン抑制法とセットで行うとより効果的です。

 

セロトニンを作る食べ物、栄養

 

セロトニンを体内で合成するためには、トリプトファン・ビタミンB6などの栄養が必要になります。トリプトファンは、肉・魚・果物など様々な食べ物に含まれますが、必要量(体重1kgあたり2mg程度)を摂取するとなると食べる量も結構なものになります(例:体重60kgの場合120mg必要 バナナだと12本分)

 

また、ビタミンB6はトリプトファンからセロトニンの合成を促進させる重要な働きをします。ビタミンB6はバナナやアジなどの食べ物に含まれますが、トリプトファンと同様に食事からだとかなりの量になります。

 

トリプトファンとビタミンB6という2つの栄養を食事から摂取するとなると相当な量になることが想像できますね。女性だとカロリーも気になるところですから正直食べ物から補給するというのは現実的に難しいものだといえます。

 

それでも食事から摂るんだ、という方はそれでいいとして、もっと手軽にトリプトファンとビタミンB6を摂りたい、という方におすすめなのがサプリメントによる摂取です。ネムリスなら1日分にトリプトファン 70mg・ビタミンB6 9mgが含まれます。食事と併せて飲めば効率良くセロトニンを増やす栄養素が摂れますね。

 

▼セロトニンを作る栄養がまとめて摂れる▼
▼10日分お試しキャンペーン中!▼

 

複数の通貨ペア