ドーパミンとアドレナリンの違い

ドーパミンと似たような神経伝達物質としてアドレナリンがあります。アドレナリンは興奮を司る神経伝達物質かつ副腎皮質ホルモンであり、ドーパミンが分泌されるのと同じようなタイミングで分泌されます。またそもそも、ドーパミンはアドレナリンの前駆体でもあります。

 

ドーパミンは物事の達成時・または達成が予測される状態で快楽をもたらします。例えば仕事がもうすぐ終わりそうでこれが終わればしばらく休みだ、となれば、仕事の達成が予測されその後の報酬が見えている状態ですのでドーパミンが分泌されますが、実際に仕事が終わりそうな時に幸せを感じるだけでしょうか?

 

それとセットでやる気がみなぎることと思います。ドーパミンが分泌されるタイミングではほとんどセットでアドレナリンも分泌され、アドレナリンが具体的にやる気を引き出します。

 

ドーパミンはよく馬の鼻先につるしたニンジンで例えられますが、ドーパミンだけならば鼻先のニンジンがおいしそうだ、食べたらおいしいだろうな、だけで終わりますが、アドレナリンが分泌されるからそのニンジンを食べるために前へ進もうという原動力が生まれるのです。

 

また、前述のようにドーパミンはアドレナリンの前駆体ですので、ドーパミンが分泌されるタイミングでは自動的にドーパミンがアドレナリンへと姿を変え、幸福感がやる気へと移り変わることとなります。ですから、ドーパミンの正常な分泌は目的意識と共にやる気にも関連するのです。

複数の通貨ペア